葬式の前にお墓を立てる

遺族に負担をさせない賢い方法。自身の葬式の前にお墓を立てる!霊園を探す!しっかりと計画をしてから進めましょう。 - 葬式の前にお墓を立てる

新着情報

●2016/10/24
葬式の前にお墓を立てるの情報を更新しました。
●2016/06/29
霊園の選び方の情報を更新しました。
●2016/06/29
お墓に適した石の情報を更新しました。
●2016/06/29
お墓を建てるタイミングは?の情報を更新しました。
●2016/06/29
お墓を建てる場所の情報を更新しました。

葬式の前にお墓を立てる

自分のお墓、ご家族のためのお墓。必要になってから建てなければいけない、生前に建てるなんて縁起が悪い、などどいうことはありません。元気なうちに最適なお墓選びをして家族の負担を減らすため、生前にお墓を建てる人は少なくありません。
自身のお葬式の前にお墓を立ててみませんか?
またお葬式の段取りを亡くなる前に決めておく人が増えています。

またお墓は相続税や固定資産税の対象外なので節税としても有効な側面があります。

葬式の前に早めの行動を

お葬式はとても決めることが多いものです。生前に自分の葬式の段取りを決めておくと、いざ亡くなった時に遺族への負担が減ります。

葬式前に決めれること

・遺影
死ぬ前に自分の遺影を決めている人は多いです。いざ亡くなった時に遺影を探すために古いアルバムをひっくり返して遺族が大変な思いをする前に、『自分が死んだらこの写真を使ってくれ』と家族に伝えておくと後々楽です。

また遺影用に写真館に捨身を取りに行く方も多いです。どうせなら自分の一番かっこいい写真で遺影を飾りませんか?

最近では「遺影写真撮影会」なるイベントも開催されているようです。

・宗派
以外と両親の宗派やおじいちゃんの宗派を知らない子供がいます。なくなる前に自分の宗派をしっかりと家族に伝えておくとよいでしょう。
近年は核家族化が進み、なかなか家族でも宗教の話が無くわからないものです。

お葬式をするという前提で自分の事を家族に話しておきましょう。

・お葬式の形式

お葬式にはグレードがあります。大きなお葬式や小さなお葬式。最近では自然葬や家族葬なども出てきました。

自分が死んだらどのようなお葬式を上げてほしい!と希望を話しておくのも良いでしょう。

家族葬の相場

・遺言
自分が死んだら財産は子供にどう分けようか…。そう考えたことはありませんか?
資産家が突然亡くなり、厳かなお葬式で遺族が遺産相続でトラブルを起こすというじれいはよく聞きます。

トラブルにならないためにしっかりと遺言は残しておきましょう。

・戒名
死後お坊さんに戒名をつけてもらうととても高い金額がかかります。

しかし生前に自分で戒名をつけるとただです。

※自分で戒名をつける場合に寺院によっては納骨を拒否される場合もあります。

一番良いのは自分の信じられる僧侶を見つけてつけてもらうことです。無料またはとても低予算でつけてもらうことができます。

葬式前にお墓を立てる

お墓を建てる時期に決まりはなく、生前はもちろん、亡くなってしばらくたってからでも問題ありません。納骨に関する法的な制限もないので、時間をかけてじっくりお墓・霊園選びをすることも可能なのです。霊園やお墓をお探しですか?お墓.comで安らぎのある霊園探し。

初めての方はこちらのサイトを一度ご覧ください。生前に建てるお墓をことを「寿陵」といい長寿、子孫繁栄、家内円満を招くとされています。みなさんもご存じかと思いますが、生前に墓石に刻む戒名は朱色の文字で入れるのが一般的なようです。寿陵の注意点として、おもに公営の霊園ではご遺骨がない状態でないと申し込みができない場合があります、ご自身の条件にあっていても受け入れの規則が異なりますので注意が必要です。

また永代使用料を取得した後から墓石を建てるまでの期限を設けている霊園もあります。そういった場合の対策として、基礎部分は先に作っておくなど、段階的建てていくという方法もあります。節税に関する補足として、お墓を建てるために残しておいた貯蓄(現金)においては課税対象になりますが、お墓、祭具などに関しては祭祀財産になり課税対象になりなせん。

こういった相続に関する細かな法律に関して事前に専門業者に相談できるのも寿陵のメリットのひとつと言えるでしょう。将来をそろそろ考えておかないと…お墓は大事なものだけどどうやって選んだらいいかわからない…そういった悩みはなかなか相談できないものです。

アクセスや環境、値段といった基本的な条件を考えると従来型の霊園は高価です。そこにさらに維持、管理の出費となると…お墓購入の際に挙げられる心配ごとは尽きません。ここでご紹介するのは東京とその周辺に住まいのある方におすすめしたい都市型生活に対応した機能を備えた「龍生院 三田霊廟」です。

zrrttr

手入れや修繕、遠方へのお墓参りの時間がとりにくいなど、やむを得ない事情でお弔いができないのは心苦しい…三田霊廟は東京の港区三田という閑静な立地条件にあり、365日参拝が可能です。耐震設計がなされた堅牢な屋内でご遺骨を守り、行き届いた環境の中で葬儀、法事、供養すべてを行えます。

費用について

費用面においてはの通常のお墓の都内平均「永代使用料」「墓石費用」と比較すると半分以下の費用での購入が可能です。
都内有数の文京地区に指定された周辺環境、内装と居心地を追求した建築と参拝室は、そこが都心であることを忘れてしまうような落ち着いた空間です。

屋内型のお墓に抵抗がある方もおられるかと思いますが、東京お遍路のひとつに数えられる歴史あるお寺であり、宗旨、宗派、無宗教の方までカバーしています。跡継ぎのいない方や移葬にも対応し、現代のお墓事情に柔軟な対応ができるのも歴史ある龍生院だからこそ。

お墓の購入をお考えの方は一度見学に訪れてみてはいかがでしょうか。

埼玉でお墓を建てるとなると、素人考えでは及ばないような費用なども発生することが多々あるようです。その為、実施に決断をする前には情報収集をしっかりと行うことが大切になってきます。

Copyright(C)2015 葬式の前にお墓を立てる All Rights Reserved.